【返金保証】&【価格保証】!始めるのにリスク全くナシ!

RakuLive(ラクリブ)は公式サイトからの購入者限定で【返金保証】&【価格保証】設定を設けています。

 

【返金保証】&【価格保証】!始めるのにリスク全くナシ!

 

始めてみるのにもう、全くノーリスクです!
毎日明るい大人女性になるために、今すぐ始めてみましょ♪!

 

【RakuLive(ラクリブ)】最安値購入は公式サイト定期コース!

 

【RakuLive(ラクリブ)】最安値購入は公式サイト定期コース!

 

【RakuLive(ラクリブ)】を最安値で購入するなら公式サイトの定期コースが絶対!

 

通常価格

5,821円(税込)

 

定期お届け便(定期コース)価格

初回:2,138円(約63%OFF!・税込)
2回目以降:4,946円(約15%OFF!・税込)

 

【RakuLive(ラクリブ)】最安値購入は公式サイト定期コース!

 

送料無料!
定期お届け便(定期コース)縛り・・・【ナシ!】

(次回お届け予定日の10日前まで連絡)

【返金保証】&【価格保証】に加えて、【定期コースの縛りナシ】まで設定してくれていたらもう・・・、『とりあえず』でも、今スグです!

 


 

最安値は公式サイト!

【RakuLive(ラクリブ)】を実際に購入する際、市販されているのか、市販されているのならどこで購入するのが一番安くてお得なのか、ホントに【RakuLive(ラクリブ)】公式サイトの定期コースが一番お得なのか調査しました!

 

調査したのはネットショッピングモールで大手の『楽天』、『amazon・アマゾン』、『ヤフーショッピング』です。

 

楽天で【RakuLive(ラクリブ)】を探す

まずは『楽天』で【RakuLive(ラクリブ)】を検索してみました。

 

楽天で【RakuLive(ラクリブ)】を探す

 

『楽天』ではヒットしませんでした。
ということで『楽天』は【RakuLive(ラクリブ)】を最安値で最もお得に購入出来るお店ではありませんでした。

amazon・アマゾンで【RakuLive(ラクリブ)】を探す

次に『amazon・アマゾン』で【RakuLive(ラクリブ)】を検索してみました。

 

amazon・アマゾンで【RakuLive(ラクリブ)】を探す

 

『amazon・アマゾン』でも【RakuLive(ラクリブ)】はヒットしませんでした。
ということで『amazon・アマゾン』も【RakuLive(ラクリブ)】を最安値で最もお得に購入出来るお店ではありませんでした。

ヤフーショッピングで【RakuLive(ラクリブ)】を探す

最後に『ヤフーショッピング』で【RakuLive(ラクリブ)】を検索してみました。

 

ヤフーショッピングで【RakuLive(ラクリブ)】を探す

 

『ヤフーショッピング』でもヒットはありませんでした。
ということで『ヤフーショッピング』も【RakuLive(ラクリブ)】を最安値で最もお得に購入出来るお店ではありませんでした。

 

調査結果

【RakuLive(ラクリブ)】を購入するなら【RakuLive(ラクリブ)】公式サイトの定期コースが一番お得という事が判明しました!

 

 

漢方薬剤師『大久保 愛』先生の更年期についてのお話し

女性には、更年期が必ず訪れます。ですが、症状は最小限に抑えたいものです。
症状を抑えるために、更年期に激減する女性ホルモンを薬で補ったり、抗うつ剤、抗不安薬などで治療する事は多いのですが、、副作用など身体への負担やリスクも大きくなります。
なので、身体の根本を作っている【食事】で改善する事が、一番初めに取るべき対策!
特に、女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンを含む『大豆』や、漢方で“温”の性質を持ち、めぐりのサポートにも使われる『生姜』などを積極的に食事に取り入れてみましょう。
更年期特有のホットフラッシュなどの不快な症状を感じる場合には、食事の内容にも注目する事が大切です。

 

選ばれる『3つ』の理由

アグリコン型イソフラボンを1日上乗せ摂取量も含有!

女性ホルモンと化学構造が似ている大豆イソフラボンは、女性には欠かせないものとして重宝されて来ました。この、大豆イソフラボンには、アグリコン型とグリコシド型の2種類があります。
特に吸収率が高く優秀なのは『アグリコン型イソフラボン』!

 

【RakuLive(ラクリブ)】は『アグリコン型イソフラボン』のみを使用!
しかも1日の目安2粒で、内閣府食品安全委員会の定める、大豆イソフラボンアグリコンの1日上乗せ摂取量「30mg/日」をクリア!

生姜由来のジンゲロールで『めぐり』もスムーズ!

更年期、フラッシュバックの症状でもある、『ほてり』や『赤ら顔』の原因はめぐりの滞り。
そこで生姜成分の中でも特に『めぐり』に良いと言われている『ジンゲロール』に注目。
しかし、ジンゲロールは酸化しやすく、熱を加えたら別の物質に変化してしまうため、摂取が難しいとされています。
そこで、【RakuLive(ラクリブ)】では、生の生姜を粉末状にして、独自の手法で成分をそのままソフトカプセルにしました!

すっきりしない大人女性にとてもありがたいサポート成分!

最近気持ちがなかなかスッキリしないという大人女性にとってもありがたいサポート成分もシッカリ配合!

  • シナモン(すっきりリラックス!)
  • 漢方生薬として有名なスーパーフード、シナモン!
    様々な女性特有のお悩みの手助けに。

  • 黒酢(必須アミノ酸たっぷり!)
  • 酢酸・アミノ酸・ビタミンB群が豊富に含まれた万能食品。
    『めぐり』はもちろん、体質改善でハリのある毎日へ!

  • ビタミンE(ホルモンの分泌を整える!)
  • 女性ホルモンの分泌を整え、めぐりや冷え、のぼせをサポート!

更年期治療には『ホルモン補充療法(HRT)』が有名ですが、やっぱり副作用が怖いですよね。
『ホルモン補充療法(HRT)』をすると検診も時々行くようになるみたいだから、【RakuLive(ラクリブ)】のような悩んでいる大人女性専門のサプリメントってとってもありがたいですね!

 


 

 

口コミ評判もGood!

Good!な口コミ

いつもカーッと顔が赤くなるのが嫌で、それを隠すために年齢に合わない厚化粧を続けていました。
ですが、【RakuLive(ラクリブ)】を飲み始めてからは、
化粧も薄くなってノリも良く、夫や友人に『変わったね!今の方が良い!』と褒められるようになりました。
性格まで明るくなった気がしてもう手放せません!(45歳)
参考:公式サイト

Good!な口コミ

40歳を過ぎたあたりから、人前に出ると顔からダラダラと汗が止まらなくて。。。行きたかった同窓会も顔を合わせるのが恥ずかしくて今まで断って来ました。
でも【RakuLive(ラクリブ)】に出会ってからは、もう全く気にしなくなって!
今では昔の友だちと会うのがとても楽しみになりました。(49歳)
参考:公式サイト

 

【RakuLive(ラクリブ)】の情報

商品名 RakuLive(ラクリブ)
内容量 60粒
価格・送料 通常価格

5,821円(税込)

 

定期お届け便(定期コース)価格

初回:2,138円(約63%OFF!・税込)
2回目以降:4,946円(約15%OFF!・税込)

※送料無料!

原材料・成分 大豆油、ショウガ抽出物、大豆抽出物(イソフラボン含有)、ショウガ麹、金時生姜末、黒酢粉末、シナモンエキス末、ゼラチン、グリセリン、乳化剤、ミツロウ、ビタミンE
決済方法 クレジットカード・後払い(郵便振替・コンビニ)・Amazon Pay
解約・休止 次回お届け予定日の10日前までに連絡
お召し上がり方 1日あたり2粒を目安にお召し上がりください。

飲むタイミングに決まりはございませんが、胃が弱い方は食後をおすすめしております。

製造販売業者 株式会社 花菜
妊娠中・授乳中のご利用はお控え下さい。

2006年8月の厚生労働省より出された、『大豆イソフラボンを含む特定保健用食品等の取扱いに関する指針』の則して、妊娠中・授乳中の方、小児は大豆イソフラボンを配合したサプリメントのご利用をお控えいだだくよう、ご案内しています。

 

更年期について

女性は、ある程度の年齢になると生理が無くなってしまいます。これを閉経と言いますが、現在ではおよそ50.5歳が平均の閉経年齢だと言われています。
早い人では40歳、遅い人で56歳くらいで閉経は訪れます。
そして、この閉経前後各5年の10年間を更年期と呼んでいます。
肉体はまだまだ生きているにも関わらず、どうして卵巣の寿命だけ尽きてしまうのかはわかっていませんが、遺伝子にそうなるようプログラムされているのだろうと現在では考えられています。例えば、老化遺伝子の存在が分かりつつあるように、閉経遺伝子もあるのではないかと言うことです。
初潮と同様、閉経を直接起こしているのも女性ホルモンです。
女性ホルモンが増えてくる時期が思春期であり、減ってくる時期が更年期というわけです。
また、初潮と同様に、閉経に影響を与えているものもあります。
例えば、太っている程、閉経は遅く、お産をしていない人は平均より早く閉経するし、喫煙者はそうでない人より2年も早く閉経するなどと言われています。

 

更年期障害について

更年期の女性に接している男性が何となく感じる変化、怒りっぽい、元気がない、セックスを嫌がるなどは更年期障害の症状の一部です。
80歳近くまでホルモン量が低下しない男性と違い、女性の場合は50歳前後から、急激にホルモン量が低下して行きます。
この女性ホルモン(エストロゲン)の低下によって起きるのが更年期障害です。
もちろん、ホルモン低下は全女性に起こり、身体の不調は誰でも少なからず感じます。
ところが、更年期障害の程度には違いがあります。
環境や性格的なものの違いで、寝込むほど酷い人から、ちょっと体調が本調子ではない位の人まで出てくるのです。
更年期になると、卵巣の機能が低下してエストロゲン(女性ホルモンのひとつ)の分泌量が低下します。
この状態が続くと、性中枢のある視床下部はエストロゲンを分泌させるように働き始めます。
ところが、これが続くと視床下部の働き過ぎになって、同じくこの部位に中枢のある自律神経にも大きな影響を及ぼし、いわゆる自律神経失調症を起こすのです。
また、自律神経の症状は、ストレスによっても悪化します。
そこで、更年期障害は女性ホルモンの低下、心因的ストレス、性格的な因子で起きると考えられています。
自律神経の機能は、呼吸、循環、吸収、分泌、生殖などに関わっているので、自律神経失調症になると、それらに関連する症状が出ます。
更に全身症状としては、疲労感や肥満、痩せなどが見られます。
とはいえ、女性ホルモンが低下しておきるのは、更年期障害だけではありません。
エストロゲンは脂質代謝や骨のカルシウムの代謝に関係していますので、年齢が進むと動脈硬化や高血圧、脳卒中、骨粗鬆症などが増えて行きます。
生殖器にも影響があり、性交痛や尿失禁、萎縮性膣炎などもおこします。

 

更年期障害は女性ホルモンが欠乏する事によって起きる病気です。
たかが更年期障害と考える方も少なくないようですが、20%〜30%の人は治療が必要なほどひどくなってしまいます。
更年期障害が酷い人には、ホルモンを補充してあげると劇的に良くなる事があります。
また、ホルモンに抵抗のある人は漢方薬やその他の薬もあります。
自分で辛い、酷いと思ったら我慢しないで治療してみることをオススメします。

 

 

 

毎日笑顔でいられるために!

 

 

 

***** 運営者情報・お問合せ *****

 

 

 

TOPへ